しつちょーの投資塾

30歳!投資経験0!そんなサラリーマンが株式投資で成り上がっていく(はずの)ブログです!

期待リターンから考える宝くじ


どうも、こんにちは。
しつちょーです。

 

先日たまたまテレビを見ていたら、こんな番組がやっていました。
10万円でできるかな

 

サンドウィッチマンが個人的に好きなんで
夕食を食べながら見させて頂きました。

 

その中で「ビンゴ宝くじ」なるものがありました。
3×3マスのビンゴ方式の宝くじです。

 

各マス(真ん中は除く)に5つの数字(1~5、6~10という感じ)があり
その数字から1つずつ選んでいきます。

 

当選番号の発表は各マスごとで行っていき、
一等8ビンゴ、つまり全マスで番号が当選していた場合
約555万円の当選金が貰える!とかいうやつでした。
(ちなみに宝くじは1枚200円)

 

また番組には「宝くじのプロ」みたいな人たちがいて
当選するためのコツ」みたいなのを伝授してくれるんです!!!

 

なんだかすごくないですか!?
宝くじに当選しやすくなる「コツ」まで教えてくれるなんて!
明日から自分も買ってみよう!


そんな風に思ってしまう大人って多いのかなー
とか思いながら、テレビを見てました(笑)

 

冷静に考えて、番号抽選に人的要素が介入しない限り
それぞれの番号が選ばれる確率は「全て同じ」ということになります。
逆にそうじゃなきゃ、インチキと言われても仕方のないものに・・・

 

つまり、各マスにおいてある番号が選ばれる確率は
等しく5分の1ということになります。

 

マスの数は真ん中を除くと、8つあります。
ですので、ひじょーに単純に考えて
8つ全てのマスの番号が当たる確率は

(5分の1)の8乗 = 390625分の1 (約40万分の1)

 

ちなみにある本によると
 カバに襲われて死亡する確率 = 65万分の1
 サソリに襲われて死亡する確率 = 20万分の1

 

40万分の1ということは、1枚200円換算で
約8000万円分買って、555万円が当選する計算になります。

 

もちろんその他の2等や3等なんかはこれ以上に当たるので
実際には貰える額は多少増えることになりますが、焼け石に水レベルです。

 

パッとこういう風な計算をしちゃうところが
理系だとか理屈っぽいとか言われちゃうところなんでしょうが(笑)

 

もちろんあくまでも上記の計算は確率論であって
1枚買っただけの宝くじが当選する場合だってありますから、

 

宝くじは夢を買っているんだ!

 

と言う人の気持ちも多少は分かります。

しつちょーは、そういう人たちがいることは理解していますし、
決してバカにするとか軽蔑したりとかではありません。

 

ただ、きちんとお金に関する教育を受けたうえで、

期待リターンの低さや、他への投資によって得られるリターンも考慮した結果
宝くじを買う」という選択肢を選んでるのかな、と疑問を持ってしまいます。

 

人生全てがそうですが、「やってみなけりゃ分からない」世界です。
そういった意味で、「宝くじを買う」のは「買わない」より
もしかしたら良いことなのかもしれません。

 

ただ先ほど計算したように
「8000万円使って、得られるであろう当選金が555万円程です」
ということを理解した上で、しつちょーはとてもじゃないですが
この宝くじを買う気にはなれません。

 

というか8000万円あったら、株式投資の配当だけで
555万円ぐらいすぐに回収できちゃうぐらいです。

 

「宝くじ」なんてハイリスク・ローリターンの商品に
手を出す必要性なんて皆無だと思います。

 

でもこれはしつちょーが、金融について「たまたま」興味を持ち
「たまたま」良い本と巡りあった結果だと思います。

 

大学の時に「金持ち父さん 貧乏父さん」に出会わなければ
もしかしたら「宝くじ」を買っている側になっていたかもしれません。

 

そういう意味で、金融に関する知識(金融リテラシー、と言うらしー)を
もっと若い頃から学校などで教えるべきだと、個人的には思っています。

 

良い悪いは別にして、「お金」という共通の価値を通じて
我々は世界中の人と関わりを持っているわけですから。

 

でもこんなことをいくら30歳の素人童貞が言ったところで説得力皆無なので(泣)
株式投資でコツコツと資産形成をしていきたいと思います!!!


本日もお付き合い頂き、ありがとうございました。